2022年01月18日

風物詩シリーズ・水車小屋 制作記 その一

2022_01_18_0001.JPG
まずは接着とパテ埋めから

パッケージイラストを鑑賞して組み立て説明書とランナーを堪能しつつ組み立てと塗装の手順を考えて、今回は部分部分で組み立てて塗装しつつ組み立てていくことにしました。
臼を搗く杵は貼り合わせなので、流し込み接着剤で接着。
水車のパーツは押し出しピンの跡が目立ったのでフィニッシャーズの緑色のパテでピン跡を埋めました。
屋根はヒケが目立った部分をパテ埋めして、水車の車軸も肉抜き穴(?)の目立つところをパテ埋めしました。
他にも内部の中二階の床板や大八車の裏側とかにも押し出しピンの跡があるのですが、完成したら見えないところなので手抜きし省きました。



続きを読む
posted by hirose at 23:36| Comment(0) | 改造日記