2017年04月29日

禁断の回復力?

2017_04_30_0001.JPG
スタンプカード10枚目。。。

アイテムの受け渡しの関係で久しぶりにシルフィさんを呼び出したついでに気分転換でシルフィさんでミッションに出かけた結果、ものの見事にたったの1回でケーキ屋さんに遭遇
もしかしてシルフィさんって甘党?



2017_04_30_0002.JPG
ブレイバーのタイプレベルが25になったので、ついにねんがんのPPリストレイトを習得しました

コストがキツキツだったのでレジスト系のアビリティを削除することになったのは特に秘密でも何でもなかったり
コストが4かかる経験値ブーストは外せないので、そろそろ転生も視野に入れないといけないかな(転生するとコスト枠が+4される)
EXトラップの使えるブレイバーならバーストボマーも外せませんしね



2017_04_30_0003.JPG
PPリストレイトはPPの自然回復を早めます

PP回復速度の遅いデューマンの舞夜さまやビーストのシルフィさんにとっては垂涎の的のアビリティですが、まずはブレイバーで育てていたヌコサーマが最初に習得しました



2017_04_30_0004.JPG
ヌコサーマの主力(?)のレンカイブトウザン

PA倍率は低いものの多段ヒットしてPP消費が50と低めなので、PP回復力の早いニューマンのヌコならPAの発動中の間にPPがある程度回復するので連発してもそうそうPPが枯渇することがないので愛用しています
ぶっちゃけ、よほどの連戦でひたすら回り続けでもしない限りはPPが半減することはなかったり



2017_04_30_0005.JPG
ソードのPAの一つのトルネードブレイク

PP消費量はツインダガーのレンカイブトウザンと同じでコンボ数も同じ3回のPAなのですが、PAの発動時間が短いのでPP回復速度の速いヌコでもレンカイブトウザンと同じ感覚で連打しているとあっという間にPPが枯渇してしまいます
ですが、PPリストレイトを習得していればPPの残量にもかなり余裕が出来ました
これは舞夜さまやシルフィにも習得させるしかない?



2017_04_30_0006.JPG
でも、結局はアビリティから外したりとか

ヌコサーマはセイバーとツインダガーをメインで育てているのでソードはあくまでもサブというか、ぶっちゃけランダムエンカウントのオルガディラン戦用に持たせているようなものなのでソードの出番はあまりないのが一つ
よほど燃費の悪いPAを使うとか、チェインを考えずに連打するようなことでもしない限りはヌコはそうそうガス欠にはならないですし
もう一つの理由は、凍結と感電のレジストを外した途端に速攻で凍結と感電の状態異常を喰らったからです
状態異常対策はやっぱり重要ですよね



2017_04_30_0007.JPG
チェインといえば、以前にも少し触れたフォローシフトの件で少し。。。



2017_04_30_0008.JPG
フォローシフトだとパートナーキャラがチェインフィニッシュをしにくくなるというのを実験してみた結果

確かに指示さえしておけば勝手にチェインを切ることはなくなり、おかげでボス戦や大型相手で高チェインを稼ぎやすくなりました
以前はどう頑張っても20チェイン行く前に誰かがチェインを切っていましたからね
敵のレベルが上がるとチェインの大切さが実感できるようになりますし



2017_04_30_0009.JPG
そんなこんなでレベルも120に到達

敵のレベルも上がってきてそろそろ攻撃力の低さが実感できるようになってきました
やっぱり転生を視野に入れないと駄目かな



とまぁ、とりあえず本日はこんな感じです
タグ:PSP PSP2∞
posted by ひろせ at 23:34| Comment(0) | ゲームとか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]