2019年01月03日

130本突破!

2019_01_03_0001.PNG
2019_01_03_0002.PNG
なんだかんだでソフト総数が130本を越えました

これでもまだ年末と年明け購入の分は含んでいないので、合わせれば140本くらいになるかな?
ちなみに、丸一年ブログの更新をサボりまくった昨年の消化分は3本+αだったりします
うん、このペースだと一生かかっても全部消化しきれないですね(笑)


というわけで、昨年に消化したゲームのダイジェスト?

2019_01_03_0003.png
トップバッターはととモノ。2

PSPo2∞の息抜きでちょこっとプレイするつもりが・・・


2019_01_03_0004.png
とりあえずクリア!

なんというか世間の評判通りのク○ゲーでした(こなみかん)
でもまぁ、シナリオはク○だけど、ラスボスに関する伏線の張り方はそれなりに面白かったのだけは褒められる点かな
そして、それらのマイナス要素を全て打ち消してしまうくらいに素晴らしいキャラデザ担当の病氏の描く魅力的なキャラクターたち(オリーブを除く・笑)
とはいえ、なんというかシナリオ上では確かにオリーブはク○ですが、客観的に見ると彼女も稚拙な脚本と「とりあえずファンタジー」的なまったく考えられていない薄っぺらな世界観の犠牲者なのですよね
もう少し彼女の立ち位置を考えて設定を練っていれば、オリーブもここまで叩かれるようなことにはならなかったと思います
それはともかくとして、本当に病氏の描くキャラたちは魅力的です
それはもう・・・


2019_01_03_0005.png
こんなク○ゲーであっても、控えのサブキャラを含めて全員レベル99まで育ててしまえるくらいにはキャラたちが可愛すぎました(テヘ)

さすがに転生させてステータスもカンストまではやりませんでしたが(苦笑)
転生までしなくても、現状でクリア後の隠し(ていない)ダンジョンの隠し(ていない)真ボスを普通に倒せるので、転生してまでステータスを上げる必要もないのでこれ以上育てる意味がなかったりします
装備品に関しても入手できる最高レベルのものをすでに入手済みなので、これ以上アイテム目的でダンジョンに潜る必要もなかったりとか
せいぜいが錬金術で強化のできないユニーク武器の+9とかを探すくらいですが、神や神の化身を倒せるようになってドロップアイテムでステータス補正効果のある「○○の素」を入手できるようになると強化のできないユニーク武器よりも錬金で強化できる武器の方が強かったりしますし


2019_01_03_0006.png
とかなんとか文句を言いながら・・・

およそ300時間近くはプレイしていたりとか(笑)
それだけ病氏の描くキャラたちが可愛かったということです(力説!)
あと、マップ征服率だけ100%ではないのは、wiki情報などによるとバグで絶対に100%にはならないとのこと
実害のないバグですが、こんなの普通にテストプレイしていたら普通に気付くことだろ!


2019_01_03_0007.png
称号もバグだらけ?

やり込み要素の一つである称号関連も、バグで取得できないものがあったりします
一つ前の画像の下部分は敵の種族ごとの倒した数(上限は999)なのですが、全ての種族の討伐数をカンストしているにも関わらず取得できていない称号があったりとか
まぁ、これくらいわかりやすいレベルでテストプレイをしていないのかバグを放置しているかといった体たらくなゲームなわけです
でも、病氏の描くキャラたちが可愛いので許せる・・・かも

文句を言いまくりですが、ベースはWizクローンで魔法をレベルごとの回数制からMP制にして遊びやすく改良(?)してあるのでWizに慣れた人ならそれなりに遊べはします・・・シナリオにさえ目を瞑ればですが(苦笑)
ただ、序盤のゲームバランスはよいとは言いかねるので、遊びやすく改良してあるとはいえ、まったくもって初心者向けではないです
中盤以降はラグナロク+イペリオン(or 天剣絶刀)ゲーで逆の意味でバランス崩壊だったりするわけですが(笑)



2019_01_03_0008.png
セブンスドラゴン2020


2019_01_03_0009.png
ミクは登場はしますが、とりあえず出演といった感じで公式PVからしたら壮大なPV詐欺って感じです(笑)



これだけ見るとストーリー的に重要なキーキャラっぽく思えますが、本当にただの要救助者の難民の一人です

サブイベントで助け出して拠点を改修すればBGMをミクVer.に変更可能になるというシステム的な要素はあります
救助はともかく、改修が中盤以降にならないとできないのでフルでミクVer.で楽しむには周回プレイ前提となります
オリジナルのBGMも素晴らしいのでどちらを選ぶか迷ってしまうかも?


2019_01_03_0010.png
なん・・・だと・・・

ドラゴン頃すべし! 慈悲はない


2019_01_03_0011.png
というわけで全滅させてきました

これは紛れもない良ゲー!
可愛らしいデフォルメキャラからは想像できない油断していると主要キャラでも容赦なく死亡していくハードなシナリオ展開
コマンド式戦闘だけど、よく動きよくしゃべるデフォルメキャラクターたち
パーティの構成職業で変わる難易度と攻略法の組み合わせ
2種類の難易度選択が用意されているのでこういったゲームが苦手な人も安心です


2019_01_03_0012.png
というわけでうちのパーティメンバーはこんな感じです

キャラメイク時に性別と外見と職業とC.V.を選ぶのですが、わたしの場合はデフォルトのサイキック(♀)の外見でサムライに、同じくデフォルトのサイキック(♂)の外見でトリックスターに、デフォルトのハッカー(♀)の外見でサイキックにしました
デフォルトのサイキック(♀)が痴女すぎえろいw


2019_01_03_0013.png
ふむふむ・・・


2019_01_03_0014.png
襟の部分がふわもこの暖かそうな上着を着ているのでセーフ?


2019_01_03_0015.png
外見がサイキック(♀)なサムライのキャラのC.V.は外見のイメージに合わせて沢城みゆきさんにしました

サムライのスキルの「修羅の貫付け」が発動したときの「ごめんあそばせ!」というボイスがたまらなくステキなのです


2019_01_03_0016.png
サムライの奥義「乱れ散々桜」

高速移動しながらの連続斬撃の後に満月を背に優雅に宙返りして上空からトドメの一撃を放つサムライの奥義
全職業の奥義の中では2番目に好き


2019_01_03_0017.JPG
サイキックの奥義「黒のインヴェイジョン」

発動するとヘルシングばりに漆黒の闇の中に真紅の目が浮かび、相手の足元に広がった闇の中から無数の闇の手が伸びて獲物を捕らえ、身動きのできなくなった敵を闇の中に引き摺り込むという厨二病感満載な大技です
外見をハッカー(♀)のゴスロリにしてC.V.を加藤英美里さんにしておくと発動時に「お腹が空いた」と言ってからの一連の演出になるのでより一層厨二病感がマシマシになるのでおススメです
ゴスロリ・ボクっ子ひゃっほい!



2019_01_03_0018.png
セブンスドラゴン2020・U



今回も例によって壮大なPVミク詐欺です(笑)

でも、今回は前作に比べてBGMのミクVer.の解禁のタイミングが少し早めになっていいます
その分、解禁するためには国会議事堂のその他の施設の改修が遅れてしまうことになるので痛し痒しなわけですが


前作が良かったので期待していただけに、期待の大きさに反して凡作だったのでちょっとがっかり?
単体で見ると良作に入るのだろうけど、無理にシナリオを前作とオーバーラップさせようとしたのと、前作からの使い回しの多さが相まって手抜きに見えてしまうのが残念なところかな
前作とのオーバーラップも個々の演出で見ればよくできているのですが、全体で見ると前作の流れに沿う形なので先の展開が予想できるとか、演出の都合で全部で7体の帝竜のうち半数近くの3体が前作からの使い回しなのでどうしても手抜きに見えてしまう点がマイナスポイントです
前作の山手線天球儀で苦い思いをした自衛隊隊長のリンが、まさに同じ場所で過去に自分がした過ちを犯そうとしているSECT11の隊員たちを説得するシーンとか、渋谷の繁花樹海での惨劇に続編のUで自分たちの犯した過ちにケリをつけるSKYのメンバーたちといった演出はよかったのですけどね

中盤の大イベントも前作の予想外の惨劇と比べて、想定内の予定調和の負けイベントなのが見え見えで盛り上げに欠けるというか、「お涙頂戴シーンだぞ、ほら泣けよ」と言われているみたいで逆に萎えて盛り下がってしまうというかなんというか
あと、ラスボスが序盤から出張りすぎで「神」としての威厳がなくなっているのも残念なところです
最序盤と中盤の負けイベと合わせて最終戦の形態変化も加えて合計6戦するのはさすがに多すぎだろうと思います


2019_01_03_0019.png
今回もサイキック(♀)の外見のサムライでC.V.は沢城みゆきさん

新職業やカラーバリエーションも増えたけれど、やっぱりこれが一番しっくりきます


2019_01_03_0020.png
サイキック(♂)の外見でトリックスターなC.V.石田彰氏

フード姿の胡散臭さと石田彰氏の慇懃無礼な演技とが相まってなかなかに味のある組み合わせだと思います


2019_01_03_0021.png
ハッカー(♀)の外見でサイキックなC.V.加藤英美里さん

ゴスロリ・ボクっ子で厨二病感漂う言動がサイコーです
奥義の「黒のインヴェイジョン」ぶっぱたーのしー♪
新しく追加された秘奥義の「キセキの代行者」ってナニソレオイシイノ?


2019_01_03_0022.png
というわけで、続編のUも前作のメンバーでプレイしました

ボス戦での爆発力こそないものの、雑魚狩り・ボス戦ともに攻防ともに安定したパーティ構成だと思います
ただ、トリックスターの奥義の「狂咲きバッドヘヴン」の弱体化で前作に比べてボス戦時の総合戦力は落ちる模様
前作の「狂咲きバッドヘヴン」の追加効果の状態異常が強性能を超えて狂性能だったから仕方ないね
あと、トリックスターはサイキックと組むとハイディングとそこから派生するスキルが使い辛いのが難点かな
ハイディングを使うと残った二人に攻撃が集中するので、前衛職のサムライはともかく後衛職のサイキックだと防御力に不安がありますから
パーティの総合火力自体は高いので搦め手のハイディングは使わずに力押しできるので問題はないですが


2019_01_03_0023.png
えろい・・・


2019_01_03_0024.png
えろい・・・


2019_01_03_0025.png
いいぞもっとやれ!(まったくもってけしからん)


2019_01_03_0026.png
そないなこと言われましても、レベルが1に戻されて装備も初期装備だし、何より敗北前提の負けイベントでしたですし、お寿司 (´・ω・`)



2019_01_03_0027.png
東京鬼祓師 鴉乃杜学園奇譚

最終章直前で「クリアしたくない症候群」を発症して中断中
見た目こそ地味だけど、世界観やキャラ設定がしっかりしていて遊び甲斐のある良作です
登場するNPCたちに感情移入しすぎて終わらせてしまうのがもったいなくて最終章に進めません(苦笑)


2019_01_03_0028.png
2019_01_03_0029.png
この部分だけを見ればホラー系のノベルゲームっぽいかも

実際は東京魔人学園の流れを汲むダンジョン探索系謎解きパズル要素を加えたSRPG+ADVゲーなのですけどね
日本の歴史の流れに沿ったダンジョン内での謎解きパズル要素が面倒くさくはあるもののなかなかに楽しかったりします


2019_01_03_0030.png
メインヒロインの穂坂弥紀(みのり)ちゃん

おとなしそうに見えて、これでも札付き札憑き少女だったりします
可愛い


2019_01_03_0031.png
第一話のボスの白面

アスキーアートの8頭身みたいだなぁと思いました(粉蜜柑)


地味な見た目で取っ付きにくい印象がありますが、よく練られた世界観に浸れるのならおススメのゲームです
なにより登場するキャラクターがみんな魅力的すぎ!


あとはまぁ、遊戯王のタッグフォース6のパッケージ版が安く手に入ったのでプレイしてみたりとかありましたが、長くなったので本日はここまでということで



とまぁ、長々と昨年のゲームプレイをダイジェスト(?)で垂れ流した本日はこんな感じです
タグ:PSP
posted by hirose at 23:32| Comment(0) | PPSSPP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]