2021年06月22日

ポリエチレン・アーミー

2021_06_21_0002.JPG
本当はこれの倍以上詰まっています(画像は半分くらい使用済み)

先日は「お前じゃねー!」とか言っていた100円ショップのポリエチレン製の兵士たちですが・・・



2021_06_22_0001.JPG
アーミーペインターで塗ってみました

日本兵の塗装前の練習で試しに塗ってみたのですが、基本塗装とトーンウォッシュによる陰影付けだけで、まだハイライトやドライブラシを練習する前なのでメリハリに欠けています。
ですが、濃緑色単色でデティールも潰れているポリエチレン製の玩具の兵隊さんたちも、とりあえずなんとなく塗り分けてウォッシュしてやるだけで遠目からならそれっぽく見える不思議。

下地処理としてはアーミーペインターのブラシオンプライマーを筆塗りしたくらいですが、特にトップコートはしていなくても普通に触るくらいでは今のところ塗装の剥がれとかはないです。



2021_06_22_0002.JPG
背後からGo! Go! Go!

タミヤの1/35日本兵の塗装練習と言いましたが、ぶっちゃけモールドが潰れまくっていてただでさえ軍装には詳しくはないのに、どこがどうなっているのかもわからないモールドを塗り分けるのは一苦労でした。
とりあえず教訓としては、塗装の練習をするなら少々値が張ってもデティールのちゃんとしたものを用意した方がいいです。
逆に、ある程度塗装に慣れてくるとこういったチープな玩具を塗ってみるのも面白かったりします。

でもって、この塗装練習で1つ学んだことがあります。
それは「ある程度適当でも案外なんとかなる」ということです。
モールドが潰れていてどうなっているかわかららん→それっぽく塗っておけばそれっぽく見えるでいーじゃん、どーせわからんのだし・・・みたいな感じで。



2021_06_22_0003.JPG
塗り方を変えてみた

後日、膝立ちの兵士を別の塗り方で塗ってみたのですが・・・画像だとわかりにくいな。
アーミーペインターの塗装ガイド(日本語版)の7ページ目下段を参考にしてクイックシェイドウォッシュとウォーペイントを混ぜてシタデルカラーでいうところのコントラストメソッドっぽく塗ってみました。
いろいろと実験的に塗ってみるのも新しい発見があったりして楽しいです。



とまぁ、夕立ちがすごかった本日はこんな感じです。
タグ:1/35
posted by hirose at 23:28| Comment(0) | 改造日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]