2021年10月11日

浪漫の三段変形

2021_10_11_0001.JPG
とりあえず組み立ててみた

塗装をどうするかで悩んでいたアゾンインターナショナルのアサルトリリィ・アームズコレクションのクルッジを、いつまでも悩んでいても仕方が無いので塗装せずに組み立ててみました。



2021_10_11_0002.JPG
チェインソーモード

一番好きな形態です。
塗装するなら、チェインソーの歯の部分が引き出し式なので、塗装剥げしないようにどうするかが悩みどころです。



2021_10_11_0003.JPG
ブレードモード

一応の基本形態になるのかな?
無塗装だと黒一色と言った感じであまり締まらないイメージ?



2021_10_11_0004.JPG
マギ高出力砲モード

そのキレイな顔をフッ飛ばしてやる!!
設定ではかなりの威力があるらしいですが、遠距離武器としても大型ですごく扱い難そう。



2021_10_11_0005.JPG
といったわけで、アサルトリリィのCHARMのクルッジでした

組み立て式のプラモですが、組み立てやすく強度もしっかりと確保されているので気兼ねなく変形させられるのがいいです。
ただ、チェインソーの刃の引き出しがけっこう硬めなのが難点かな。
あとはこの内容で定価が1600円(税別)を高いとみるかどうかですね。
ガンプラ基準で見れば高く感じるかもですが、模型業界から見ればガンプラが異常に安いだけで、トミーテックのリトルアーモリーなどのニッチな需要のアイテム基準だと普通の値段と言えますし。
そういったわけで、値段を気にしないのであれば1/12サイズの可動フィギュアのお供におススメです。



とまぁ、aoiさんの目力にも慣れてきた本日はこんな感じです。
タグ:1/12
posted by hirose at 23:28| Comment(0) | プラモデル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]