2021年10月26日

ダイソーのダイナソー(使い古されたギャグ)

2021_10_26_0001.JPG
ダイソーのリアル恐竜シリーズのトリケラさんです

造形やペイントで甘いところもありますが、100円(税別)であると考えれば及第点・・・いやいや、お値段を考えれば満点と言ってもいいのではないでしょうか。
細部が気に入らなければパテを盛って削って、色が物足りなければ自分で塗ればいいだけのことですし。
これがお高いアイテムだと改造するのを躊躇ってしまいますが、100円だと割り切ってしまえば失敗覚悟でチャレンジできますので。



2021_10_26_0002.JPG
やっぱり色が少し寂しいかな?

なによりもこの造形ですよ!
近年は科学も進んで恐竜の定義も昔とはずいぶん様変わりしているところも多々あるそうですが、昭和世代にとってはやっぱりこの姿かたちがしっくりきます。
欲を言えば、3本あるツノは先がもっと尖っていた方がいいのですが、こればかりは玩具としての安全基準に準じているので仕方ないです。
気に入らなければ自分でパテを盛って削って尖らせればいいだけの話。
あとは圧倒的に足りていない塗装ですが、今は万能の下地塗料のアクリジョンのベースカラーがあるので、ソフビだろうがPVCだろうが気にせずにリペイントできますし。



2021_10_26_0003.JPG
サイズ的にはこんな感じです

胴体の前後の合わせ目が目立つものの、税抜き100円でこのサイズの恐竜の玩具が手に入るのは本当に嬉しいところです。
気長にツノとかの細部を修正して、気が向いたときに塗装して自分好みのトリケラさんに仕上げたいと思います。



とまぁ、某3分クッキング動画を見て真似してつくったポトフが美味しかった本日はこんな感じです。
posted by hirose at 23:24| Comment(0) | Toy とか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]