2022年01月27日

風物詩シリーズ・水車小屋 制作記 その五

2022_01_27_0001.JPG
情景用パウダーの接着固定完了

土間部分をマスキングして、水溶きの木工用ボンドを吹きかけて情景用カラーパウダーを固定させました。



2022_01_27_0002.JPG
使用した道具とか

霧吹きだと容器が大きすぎるので、100均のしょうゆスプレーを使用しました。
ただ、この容器ですが、予想していたよりもブシュっと溶液が噴出します。
霧吹きみたいにしっとり薄っすらとかかるのではなく、ドバっとじっとりといった感じです。
しっとり仕上げたいときは水溶き木工用ボンドを少し多めにつくらなくてはいけないですが、霧吹きを使った方がいいでしょう。



2022_01_27_0003.JPG
一日半ほど放置して乾燥させました

十分に乾燥させてから、マスキングを剥がしました
マスキングテープ節約のために一部にペーパータオルを使ったのですが、上記の通りしょうゆスプレーでは予想以上に水溶き木工用ボンドがかかってしまい、ペーパータオルに浸透した木工用ボンドが土間部分に一部くっついてしまいました。
水をつけた綿棒で擦って付着したクッキングペーパーを除去したのですが、塗装面が少々荒れてしまったので、その部分だけ再塗装したので塗装面が少々汚くなってしまいました。
でもまぁ、小屋を載せたら小屋内部はほとんど見えないので、見なかったことにします。



2022_01_27_0004.JPG
こっちの方がいい感じ?

情景用パウダーを貼り付けただけよりも、地面がしっとりしていてこれはこれでいい感じになったのではないかなと。
これも怪我の功名といったところでしょうか。



2022_01_27_0005.JPG
石垣プレートをセット!



2022_01_27_0006.JPG
別角度から



2022_01_27_0007.JPG
小屋を仮置き



2022_01_27_0008.JPG
正面から



2022_01_27_0009.JPG
第八車を置いてみた



2022_01_27_0010.JPG
米俵も追加!



2022_01_27_0011.JPG
完成まであと少し?

あとは小屋をベースに接着して、水車の軸の固定支柱と水車に水を流す樋をその支柱を取り付ければ完成です。
そうそう、小屋の中二階というか屋根裏? に上るための梯子の設置も忘れずにしなくちゃいけませんね。
といったところで、今回はここまでです。
次回で完成・・・できるかな?


とまぁ、洗濯物がよく乾いた本日はこんな感じです。
posted by hirose at 23:14| Comment(2) | 改造日記
この記事へのコメント
おじゃまします。
実にいい情景ですね、水車小屋。
実は私、粉使いがヘタなもので、とても参考になりました。
Posted by 柊horii at 2022年01月29日 20:10
>柊horii さま
こんにちは
お褒めいただきありがとうございます。
複数のカラーパウダー(緑×1、茶色×2)を混ぜて使用したのがいい結果に繋がったようです。
混ぜたというか、貼り付ける時にこぼれて色が混じったパウダーをもったいないからと指でつまんで適当に振りかけただけだったりします。

このあと調べたら、100均のしょうゆスプレーより化粧品コーナーの詰め替え用のスプレーボトルの方が細かい霧状に吹き付けられるそうで、似たようなことを考える人はいるんだなと思いました。
あと、水溶き木工用ボンドに少量の中性洗剤を加えると界面活性剤の働きでパウダーに弾かれにくくなるらしいとか。
いやはや、模型って奥が深いですね。
Posted by ひろせ@管理人 at 2022年01月31日 05:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]