2022年04月11日

覇邪の勇者のメタルフィギュアを塗ってみる

2022_04_11_0001.JPG
下地にはシタデルのアバドンブラックをぺたぺた

前回、下地処理をしなかったために塗装が剥がれた覇邪の勇者ですが、下地にメタルプライマーを塗ってよく乾燥させてからベース塗装としてシタデルのアバドンブラックを塗りました。



2022_04_11_0002.JPG
ドライブラシでモールドをはっきりさせてみた

下地に塗ったアバドンブラックを完全乾燥させてから、シタデルのコラックスホワイトで軽くドライブラシしてモールドを浮き上がらせてみました。
今回は下地処理で塗ったメタルプライマーの効果で塗料が剥がれるということはありませんでした。
すげーぜ、メタルプライマー!



2022_04_11_0003.JPG
FC版のパッケージの塗装見本画像

塗装見本になるような画像はこれくらいしかなかったりします。



2022_04_11_0004.JPG
PC版のパッケージの塗装見本画像

FC版と同じものが使用されています。



2022_04_11_0005.JPG
PC版のパッケージ画像

FC版はパッケージに覇邪の勇者の画像はないので、これが唯一の参考画像ということになります。
ですが、フィギュアの塗装見本とは鎧のデザインやカラーリングがまた違っていたりします。

PC版のカラーリングも捨てがたいところではありますが、今回は塗装見本に準拠したカラーリングで塗装することにしました。



2022_04_11_0006.JPG
何かグロい?

メタルフィギュアのモールドが甘く、どこまでが鎧でどこからが勇者の肉体なのかわかりにくかったので、とりあえずお肉の部分を広めに塗りました。
肉体派の戦士ということで、健康的な陽に焼けた肉体ということで、シタデルのバグマンズグロウをベースに塗って、レイクランドフレッシュシェイドで陰影を付けて、ベースに塗ったバグマンズグロウで軽くドライブラシしました。



2022_04_11_0007.JPG
後ろから

マントと剣もとりあえずベース塗装しておきました。
なんとなく失敗したような雰囲気が増し増しですが、はたしてここから巻き返せるのか?
あきらめなければいつかは完成に辿り着けると信じてなんとかします。
なんとかならなかったら? なんとかなるまで頑張れ!



とまぁ、シタデルの塗料性能を信じて、とりあえず本日はこんな感じです。
posted by hirose at 23:20| Comment(0) | 改造日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]