2010年11月18日

MAGICAL BLOCK CARAT(キャラット) (後編)

といったわけで、昨日に引き続きCARAT(キャラット)の紹介です
前回はこちら



※ 注意!
以下、18禁ゲームの話題を扱っているので、18歳未満の方やそういうものに不快感を覚える方は見ないようにしてください
閲覧は自己責任でお願いします



2010_11_18_0001.JPG
(以下、クリックで別窓で画像拡大)

基本ルール
2つ連なっているブロックを回転させて同じ色のブロックを縦横、もしくは斜め方向に3つ以上並べるとブロックが消滅します
ブロックを消す方向を任意に「縦横」か「斜め」方向に切り替えることができます
ブロックが最上段まで積みあがるとゲームオーバーです


2010_11_18_0002.JPG
ブロックの積み上げ方を工夫すれば連鎖消しも可能です

連鎖ボーナスによる高得点を狙うだけでなく、後述のTaskモードでは「○連鎖を決めましょう」という出題もあるのでTaskモードの攻略のためには必須のテクニックとなります


2010_11_18_0003.JPG
テクニック次第でインチキ連鎖も可能?

ブロックを消す方向を任意で切り替えられるので、この状態で斜め方向に消すようにしてから斜めの赤のブロックが消えた瞬間に消す方向を縦横に切り替えると縦方向の青のブロックが消えて連鎖扱いになります
もっと簡単な方法は、消す方向を縦横に設定しておいてまず斜め方向に3つ揃えてから別のブロックを縦に3つ並べて、それが消えた瞬間に消す方向を斜め方向に切り替えるだけでお手軽連鎖になります
なんというインチキw


この「ブロックを消す方向を任意で切り替えられる」というシステムがこのゲームのキモで、これによりX型や+型にブロックを積み上げて消すといったテクニックが使えるというわけです
後述のTaskモードでは「X型や+型にブロックを消せ」といった出題もあり、ある意味このゲームのメインともいえるTaskモードを構成する重要な要素となっています



2010_11_18_0004.JPG
メイン画面

Normal、Task、Versusの3つのモードがあります

Normalモードはひたすら落ちてくるブロックを消していき自分の限界にチャレンジするモードです
Easy、Normal、Hardに別れており、それぞれブロックの色数やブロックの落下スピードが違っていて、実力に合わせてプレイすることが出来ます


2010_11_18_0005.JPG
2010_11_18_0006.JPG
2010_11_18_0007.JPG
Normalモードでは落下してくるブロックの柄を9種類の中から自由に選ぶことが出来ます


2010_11_18_0008.JPG
5インチFD世代にとっては懐かしい5インチフロッピーの箱型ブロック

うちにまだこの箱があったりします
うん、どうでもいい話ですねw



2010_11_18_0009.JPG
Versusモード

2人で対戦するモードです
某とっても有名なぷよぷよした落ちモノパズルのようなCPU対戦モードは用意されていません

タイムトライアルとスコアアタックの2つのモードがあり、それぞれのモードで開始時にそれぞれ2分の持ち時間があり、連鎖消しで相手から持ち時間を奪ったりレベルアップやまとめ消しでタイムが加算されたりします
タイムトライアルは先に持ち時間がなくなったほうの負け、スコアアタックは終了時に得点の高い方の勝ちです



2010_11_18_0010.JPG
Taskモード

ある意味、このゲームのメインともいえるモードです
簡単な方から妖艶天使、Normal、Hardの3つのモードがあります


2010_11_18_0011.JPG
妖艶天使モード STAGE 1-1

それぞれのステージで出題される課題をクリアすることで先に進めるモードです
ゲームオーバーになった場合はその場でコンティニュー可能で、さらには自動セーブにより進んだところから再開することもできる親切仕様です

妖艶天使モードは1ステージ5面で構成されていて、5面クリアごとにご褒美のグラフィックが見られるようになっています
柳ひろひこ氏の原画による2画面3画面サイズの美麗なグラフィックは必見でつよ (´・ω・`)b

このモードではあくまでも出題される課題をクリアすることが目的なので、レベルやスコアを稼いでも意味がないどころか落ちてくるブロックの種類が増えたりブロックの落下スピードが上がってクリアが困難になるだけなので、なるべく簡潔にサクっとクリアするように心がけた方がいいでしょう


2010_11_18_0012.JPG
最初のステージだけあってクリア条件も簡単なので。。。

2010_11_18_0013.JPG
こんな風に積み上げて一気に消すと気分爽快です^^

ステージクリアで経験値とかも0に戻るので、そのステージで手間取らなければ問題無しです


2010_11_18_0014.JPG
妖艶天使モード STAGE 1-2

1-1に比べると少しだけ難しくなっていますがまだまだ余裕?


2010_11_18_0015.JPG
妖艶天使モード STAGE 1-3

慣れないうちは躓きやすい斜め方向の消しがクリア条件なので初心者には少し辛いかも?


2010_11_18_0016.JPG
妖艶天使モード STAGE 1-4

コラムスを連想するかも? なステージ
画像ではうまく光って見えていませんが、最下段左端の紫の水晶と最下段右から3つ目のオレンジの水晶の2つを消さなければいけません

第一手は消す方向を斜めに切り替えてから落ちてくる水晶の左右を入れ替えて左端に落下させて、まずは1つ目のオレンジの水晶を消滅完了
あとは縦に2つ積みあがった黄色の水晶を消して空いた部分に紫の水晶を落として斜め消しの下地をつくって、あとは斜めに消すだけです
縦消しだと苦労するけれど、斜め消しを使えば楽勝なステージというわけです
前のステージでしっかりと斜め消しをマスターしていれば楽勝だけど、そうでない場合は苦労するというわけです


2010_11_18_0017.JPG
妖艶天使モード STAGE 1-5

いよいよステージ1の最終面です
初心者にとっては難関なx型・+型消しの連チャンです
この面をクリアすればいよいよご褒美のグラフィックが見られるので頑張りましょう


2010_11_18_0018.JPG
左側は諸事情によりお見せできません(苦笑)

うん、うちは健全なブログなのでご期待に添えなくて申し訳ないんだ、すまん(棒読み)

ステージが進むと縦方向や横方向に2画面3画面スクロールの美少女たちのグラフィックを見ることができます
全部で7ステージ、合計35面あるので頑張ってクリアしましょう



でもって、このゲームのTaskモードにおいて妖艶天使モードは実は一番簡単なモードだったりします
本来ならゲームの売りの「えっちな絵が見られるよ」な部分をあえて一番簡単なところに持ってきているあたり、製作者のこのゲームの面白さに対する自信の現われと言えるでしょう
最初はえっちな絵を見るためにプレイしていたのが、いつの間にかゲーム自体にハマっていたというやつですね


というわけで、Taskモードでは普通の難易度のNormalモードのステージ1を妖艶天使モードとの比較の意味を込めて紹介です

2010_11_18_0019.JPG
Normalモード STAGE 1-1

最初はそんなに大差ない?


2010_11_18_0020.JPG
Normalモード STAGE 1-2

焦らなければクリアは簡単?

2010_11_18_0021.JPG
Normalモード STAGE 1-3

白がなかなか出てこないけど、焦らず落ち着いて消していけばクリアできます

2010_11_18_0022.JPG
Normalモード STAGE 1-4

横方向は意外と難しい?


2010_11_18_0023.JPG
Normalモード STAGE 1-5

斜め30本は初心者にはちょっときついかも?




でもって。。。

ここからが本当の地獄だ!(AA略)

2010_11_18_0024.JPG
Hardモード STAGE 1-1

半分近くブロックで埋まった状態からスタート!
しかもブロックの落下スピードも上がった状態での挑戦となります
つ〜か、こんなのクリアできるかー! ヽ(`Д´)ノ

このゲームの真髄とも言うべきTaskのHardモード
ステージ1-1からしてこの難易度です(苦笑)

クリアしてもご褒美グラフィックも見れない難関ステージなどエロゲにおいては普通はクリアしようとは思わないものですが、くやしい、でもやっちゃう(ビクンビクン) 。。。となってしまうのがこのゲームの恐ろしいところです
簡単なモードにご褒美を設定してあえてプレイヤーの興味を引いてゲームに引き込む
ゲーム内容に自信があるからこその仕様と言えますね
本当にハマるゲームなのでつよ (´・ω・`)b



現在、プレイするにはWin95版を入手するのが一番簡単。。。ではありますが、問題は入手難度が高いことでしょう
Win95版よりはまだPC98版の方が入手しやすいと思うので、PC98の実機を用意するかエミュに抵抗がなければ”Neko ProjectU”とかのエミュでプレイするのもいいかもしれませんね
ただし、PC98版のCARATはOSが組み込まれていないので、プレイするためには別途MS-DOS(Ver.3.3c以降)が必要な点だけは要注意です


今でも十分通用するゲームだと思うので、XboxLiveアーケード辺りで移殖してくれないかなぁと思いつつ本日はこれで失礼させていただきます
タグ:ゲーム PC98
posted by ひろせ at 23:12| Comment(3) | ゲームとか
この記事へのコメント
なついです。個人的には、柳ひろひこセンセの絵はこの頃がピーク。
Posted by : at 2011年06月12日 07:58
>: さま
はじめまして
わたしもこの頃の絵柄が一番好きです
この当時だと同じくカスタムから発売されていたメタルオレンジやティーンとか、PC-FXで発売されたチップちゃんキィーック!とか
Posted by ひろせ@管理人 at 2011年06月12日 22:47
もしかしてNekoProjectIIで駆動されたことがありますか。
CGモードでグラフィック衝突が起こります。
Posted by 無名 at 2019年05月06日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]